読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

matsukaz's blog

Agile, node.js, ruby, AWS, cocos2d-xなどなどいろいろやってます

Cassandra Web ConsoleでCassandraにアクセス

cassandra

前回の[id:matsukaz:20100611#1276273450]で、とりあえずEclipseからCassandraがデバッグ実行できるように。続いてはCassandra Web Consoleでアクセスしてみましょ。

Cassandra側の準備

前回のおさらい含めて。前回書いた通り、環境に合わせていくつかのファイルを修正します。自分はこんな感じ。

ファイル名 項目 設定値(例)
conf/cassandra.yaml commitlog_directory ECLIPSE_WORKSPACE/cassandra-data/commitlog
data_file_directories ECLIPSE_WORKSPACE/cassandra-data/data
conf/log4j-server.properties log4j.appender.R.File ECLIPSE_WORKSPACE/cassandra-data/log

あとは起動時のポート番号は9081にしました。

-ea
 -Xms128m
 -Xmx1G
 -XX:TargetSurvivorRatio=90
 -XX:+AggressiveOpts
 -XX:+UseParNewGC
 -XX:+UseConcMarkSweepGC
 -XX:+CMSParallelRemarkEnabled
 -XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError
 -XX:SurvivorRatio=128
 -XX:MaxTenuringThreshold=0
 -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9081
 -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false
 -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false

Cassandra Web Consoleのインストール

Cassandra Web Consolegithubで公開されてるので、eclipseのworkspace配下で以下のコマンドでソースをチェックアウトします。

git clone http://github.com/suguru/cassandra-webconsole.git

すでにEclipseプロジェクトとなっているので、Eclipseで「既存プロジェクトのインポート」を行えばEclipseに取り込めます。コンパイルエラーになるようなら、Maven2の依存関係を解決してあげましょう。これでcassandraとcassandra-webconsoleのプロジェクトが準備出来たはず。

あとはEclipseで登録しといたTomcatにデプロイすればOK。


Cassandra Web Console起動

Tomcatを起動して、以下のURLにアクセスします。

http://localhost:8080/cassandra-webconsole/

以下の画面が表示されるはず。

一番下のConfigurationを選択して、cassandraに接続するための設定を行います。この時点ではJMX ポート番号を変えるぐらい?

以上でCassandra Web ConsoleからCassandraにアクセスできるようになったはず。

KeyspaceとColumnFamilyを作る

試しにCassandra Web ConsoleからKeyspaceとColumnFamilyを作ってみましょ。KeyspaceやColumnFamilyなどのデータモデルについては、技評Cassandraのはじめ方─手を動かしてNoSQLを体感しよう:第3回 Cassandraのデータモデルを理解するがすごい分かりやすいのでオススメ。

まずはメニューのCreate keyspaceを選択。

Keyspace Nameに値を入れてCreateを選択。これだけでKeyspaceが作れます。細かいオプションはまたそのうち。

続いてColumnFamilyの作成。Keyspaceを作成した後の画面のAdd Column Familyを選択。

Column Family Nameを入力すればOK。

左側のメニューに、今作成したKeyspaceとColumnFamilyが表示されているはず。

これでデータを入れる準備は完了です。そちらはまた後ほど。