読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

matsukaz's blog

Agile, node.js, ruby, AWS, cocos2d-xなどなどいろいろやってます

「開発効率をUPする Git逆引き入門」を執筆しました

Git

昨年は社内を始め、いろんなところでGitの勉強会をさせて頂きました。
以下の資料は、はてブ数も700を超えてホッテントリー入り。ありがとうございます!m(_ _)m

この資料のおかげで、slideshareで2013年にPVを集めたアカウントの上位1%に入ってたみたい!ヽ(=´▽`=)ノ

f:id:matsukaz:20140402152650p:plain

Masakazu's year 2013 on SlideShare

これがきっかけでGit本を出版することになりまして、昨年秋ぐらいから仲間を募って書き始めて、ようやく発売となりました!長かった・・・。自分はChapter 1やその他のChapterの一部の執筆と、全ての図の作成や画面キャプチャなどをやりました。あとは共著だとみんなバラバラな粒度や書き方になりがちだったので、他のメンバーが書いてくれた内容のチェックと修正なども。発売日は2014年4月9日です!

f:id:matsukaz:20140402160611j:plain

黒背景でオレンジ文字とか、ちょっとカッコいい!(・∀・)

章立ては↓な感じです。

  • Chapter 1 Gitの基礎知識
  • Chapter 2 [逆引き] Gitの準備と基本操作
  • Chapter 3 [逆引き] リポジトリの操作
  • Chapter 4 [逆引き] ブランチとタグの操作
  • Chapter 5 [逆引き] リモートリポジトリの操作
  • Chapter 6 [逆引き] リポジトリ内を調べる
  • Chapter 7 困ったときの対応
  • Appendix GitHub/Bitbucket/参考URL


Git初心者向けの書籍ということで、今回は以下の特徴を意識して執筆しました。

  • Gitを正しく利用できるように、Gitの仕組みと利用の流れを説明(Chapter1)
  • やりたいことがすぐ出来るように、逆引き形式で説明(Chapter2 〜 Chapter7)
  • コマンド + GUIツールとしてSourceTreeによる手順も説明
  • エンジニア以外でも理解できるように、図解を豊富に

普段利用しないようなコマンドは紹介していませんので、まずは入門書として利用して頂いて、
Gitの理解が深まってきたらその他の書籍やPro Gitなどを読むと、
スムーズにGitをマスターできるのではないかと思います。

書店などで見かけましたら、よろしければ手にとって見てみて下さいませ!m(_ _)m

開発効率をUPする Git逆引き入門

開発効率をUPする Git逆引き入門

  • 作者: 松下雅和,船ヶ山慶,平木聡,土橋林太郎,三上丈晴
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

2014/04/03 18:00 追記

Kindle化の予定は今のところないと聞いてます。ただ要望が多ければ検討してくれるかもしれないので、ぜひKindle化希望のボタンを押して下さい>< 個人的にもKindle版欲しいー。

f:id:matsukaz:20140403181735p:plain


2014/07/03 追記

Amazonのレビューで「コード表記の文字色がグレーにオレンジで見づらい」とのレビューがありますが、こちらは確かにその通りかと思います。
書籍化時のデザインまではこちらでは把握できていなかったもので・・・申し訳ありません。。。

すぐに修正を依頼して、第2刷以降は見やすい文字色に変えて頂けましたので、気になる方は書店などでお手にとって頂いて、第2刷以降をご購入いただければと思います。